top of page

交通事故の民事責任|江戸川区葛飾区の弁護士|小岩駅1分

令和法律事務所では、江戸川区や葛飾区などにお住まいの方から、法的トラブルに関することついて、弁護士無料相談を積極的にお受けしております。


交通事故、訴訟などの裁判手続、自己破産などの債務整理、相続遺言など、法的トラブルに関することでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。


本記事では、令和法律事務所の弁護士が、交通事故の民事責任についてご説明します。


交通事故が発生した場合、加害者は、①民事②刑事および③行政上の責任などを負うこととなります。


①民事上の責任としては、加害者に過失がある場合に、被害者は加害者に対して損害賠償金を請求することができます。


被害者が加害者に対して損害賠償金を請求する手続には、交渉、ADR、調停、訴訟などがあります。


被害者が損害賠償金を受け取るには、損害の発生・内容(慰謝料など)、責任原因、過失割合、保険、時効などが問題となる可能性があります。


普通に日常生活を送っている方が、一生のうちで何度も交通事故の当事者になるということはかなり稀なケースです。


したがいまして、多くの方にとっては、上記のような交通事故に関する知識は、事故に遭遇してから初めて知るものではないかと思います。


そうすると、損害賠償金を請求する手続の中で、相手方から提示される金額について、その金額が当該交通事故の損害賠償金として適切な金額かどうか、などを被害者自身が判断するのは困難な場合も多いかと思われます。


また、弁護士は、被害者の代理人として、裁判で認められ得る損害賠償金の基準に基づいて、相手方との間で示談交渉や裁判などをすることができます。


その場合、弁護士は、被害者の方が受け取れる損害賠償金を増額することができる場合もあります。


そこで、示談交渉の中で相手方が提示した損害賠償金に納得できない場合には、ぜひ一度弁護士にご相談されることをお勧めします。


また、ご自身で相手方との間で示談交渉や裁判などをすることをご不安に思われている方は、お早めに弁護士にご相談ください。


令和法律事務所では、交通事故に関することについて、弁護士による無料法律相談を行っております。


弁護士による無料法律相談の際には、事故の態様やお怪我の状態などを把握することがとても重要です。


交通事故証明書や診断書など、お手元にある交通事故に関する資料一式をお持ちください。


また、すでに相手方との間で示談交渉をされている場合には、そのやり取りに関する資料をお持ちであれば、忘れずにお持ちください。


具体的には、相手方とのやり取りをメモしたもの、相手方とのメールを印刷したもの、損害賠償金の計算書などが考えられます。


そうした交通事故に関する資料をお持ちいただきますと、弁護士による無料法律相談の際に参照することができます。


その場合には、交通事故に関する資料が何もない場合と比べて、ご相談をスムーズに進めることができる場合が多くなりますので、ぜひご協力をお願いします。


令和法律事務所では、江戸川区や葛飾区などにお住まいの方の、交通事故、訴訟などの裁判手続、債務整理、遺言相続、刑事事件などの法的トラブルについて、弁護士無料相談を行っております。


法的トラブルに関することは、ぜひお気軽にご相談ください。


まずは、弁護士無料相談のご予約からお願いします。



法律書

Comentários


bottom of page