top of page

債権回収の流れ|無料相談|江戸川区葛飾区の弁護士

令和法律事務所では、江戸川区や葛飾区などにお住まいの方から、債権回収に関するトラブルについて、弁護士無料相談をお受けしております。


支払督促、内容証明、強制執行、訴訟などの裁判手続など、債権回収に関するトラブルでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。


本記事では、令和法律事務所の弁護士が、債権回収の流れについてご説明します。


貸付金や売掛金などの支払が期日までに行われなかった、その後も中々支払ってもらえないというご相談を度々お受けします。


支払金額に関係なく、本来支払われるべきものを支払ってもらえないということは大変苦痛なものです。


弁護士は、債権回収について、最終的には法的手段を執ることが可能ですので、債権回収でお悩み方は、ぜひお早めに弁護士にご相談ください。


債権回収を上手く進めるためには、次の2点が重要です。


第一に、取引について相手方とやり取りした証拠を、相手方から支払を受けるまで、きちんと整理して保管しておくことです。


具体的には、契約書、取引関係書類、メールなどです。


第二に、依頼するかどうかはともかく、お早めに弁護士に相談だけでもしておくことです。


以下では、債権回収の基本的な流れを説明します。


1 電話、メール、手紙などによる督促


債権回収では、回収金額よりも回収に要した費用が多くなっては意味がありません。


したがいまして、回収の手段を選択する際には、費用対効果を検討しなければなりません。


そこで、まずは、電話、メール、手紙などの費用が掛からない手段により、相手方との話合いで解決を目指すことが多くなります。


債務者に対する督促のポイントは、次の3つの点などです。


第一に、具体的な支払期日と支払金額を債務者に対して明示することです。


第二に、債務者が支払に応じなければ遅延損害金が発生する可能性があることを伝えることです。


第三に、最終的には、債権回収のため弁護士への依頼や法的措置を講じる可能性があること伝えることです。


また、債務者と電話で交渉する場合、交渉の態度は落ち着いてかつ丁寧に交渉すべきです。


メールや手紙の場合にも、記載すべきことは十分に記載しつつ、丁寧な文面にすることが大切です。


電話などによる債務者への督促が奏功しない場合、債務者の支払意思や回収可能性や費用対効果などを考慮し、債務者に対して法的措置を執るか検討します。


2 内容証明郵便


内容証明郵便は、何時、誰から誰に対して、どのような内容の文書が送付されたかを、郵便局が証明してくれる郵便物です。


電話、手紙、メールなどによる督促によっても支払がなされない場合には、相手方に対して内容証明郵便を送付することがあります。


内容証明郵便は、その後の法的措置において、証拠として提出する場合もあります。


したがいまして、債権の法的根拠や支払期日、支払方法などを記載し、支払わない場合の法的措置についても言及しておく場合が多いです。


内容証明郵便は、そのページ数に応じた費用が掛かります。


3 法的措置


電話、手紙、メール、内容証明郵便などによっても支払が行われない場合は、裁判所を利用した法的措置に移行する場合があります。


具体的には、支払督促の申立て、調停の申立て、訴訟の提起などをすることができます。


支払督促は、債権者の申立てにより法廷で審理することなく、書面審査のみで相手方に対して支払督促の命令が発付される手続です。


手数料は訴訟の半額で、債務者から異議が出ない限り裁判所に行く必要がないという利点があります。


したがいまして、事案によっては、相当迅速に回収することが可能となります。


支払督促や訴訟によっても支払に応じない場合には、強制執行の手続を取ることができます。


強制執行の手続は、裁判所の命令によって、債務者の有する不動産や債権などを差し押さえるなどして債権を回収する手続です。


令和法律事務所では、主に江戸川区や葛飾区などにお住まいの債権者の方の債権回収について、弁護士無料相談を実施しております。


債権回収でお悩みの方は、ぜひお気軽に弁護士無料相談をご利用ください。


まずは、令和法律事務所の弁護士無料相談のご予約をお願いします。



お金と電卓

Comments


bottom of page