top of page

刑事事件|江戸川区葛飾区の弁護士|小岩駅徒歩1分

令和法律​当事務所では、江戸川区や葛飾区などにお住まいの方から、刑事事件に関するトラブルについて、弁護士無料相談を積極的にお受けしております。


逮捕・勾留、不起訴、保釈、執行猶予など、刑事事件に関するトラブルでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。


本記事では、令和法律事務所の弁護士が、刑事事件についてご説明します。


刑事事件の手続の流れは、基本的には、事件発生→捜査→起訴→刑事裁判です。


刑事事件において、弁護士は、被疑者・被告人の弁護人として弁護活動をします。


また、被害者の代理人として、加害者側とやり取りしたり刑事裁判に参加したりする場合もあります。

 

刑事事件では、事件の真相を明らかにする要請がある一方で、被疑者・被告人の人権にも配慮されなければなりません。


刑事手続のルールは憲法、刑法、刑事訴訟法などに詳細に定められており、それらに従って適切に事件が処理されることが求められます。

 

どのような犯罪行為を処罰するのか、どのような刑罰を科すのかなどについては、刑法などに定められています。


たとえば、詐欺罪(刑法246条1項)については、「人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する」などと規定されています。

 

捜査や刑事裁判に関することなどについては、刑事訴訟法などに定められています。


たとえば、現行犯逮捕については、「現行犯人は、何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる」などと規定されています。

 

刑事事件の発生後には、職務質問や被害届・告訴などが捜査の端緒となります。


捜査機関は、犯罪があると思料したときに、犯人を発見・確保し、証拠を収集・保全するための捜査を行います。


具体的には、逮捕・勾留、被疑者や被害者の取調べ・事件の関係先の捜索などがあります。


被疑者・被告人には、憲法上、自分に弁護人を付ける弁護人選任権が認められています。


刑事事件の当事者になってしまった場合には、速やかに弁護士と連絡を取り、今後の手続や取調べについてのアドバイスを受けましょう。


逮捕・勾留された場合に、お知り合いに弁護士がいない方もおられるかと思います。


そのような場合には、弁護士会に当番弁護士の派遣の依頼をしてみましょう。


そうすると、待機している当番弁護士が、警察署などに派遣されて接見してくれます。


お知り合いに弁護士がいない方は、令和法律事務所にご相談いただくか、当番弁護士のご利用をお勧めします。


逃亡や証拠隠滅のおそれがあるとして逮捕・勾留されてしまった場合には、外部と自由に連絡を取ることはできなくなります。


接見が禁止されていない限りは、ご家族やご友人・お知り合いの方と面会できます。


しかし、一般の方との面会は、時間や曜日、回数などの制限があります。


他方で、弁護士は、一般の方と異なり、曜日や時間を問わず被疑者・被告人と接見することができます。


したがいまして、逮捕・勾留された場合には、まずは弁護士に依頼して、接見でアドバイスを受けることをお勧めします。

 

捜査が行われて検察官に書類や証拠物とともに刑事事件が送致されると、検察官が起訴か不起訴かを判断することになります。


起訴とは、国家の刑罰権の発動を求めて刑事裁判の審理および判決を裁判所に求めることをいいます。


起訴するには、裁判所に対して起訴状が提出されます。


起訴された刑事事件は、裁判所の公開の刑事裁判で審理されることになります。


刑事裁判は、基本的には、冒頭手続、証拠調べ、弁論、判決と刑事裁判が進行します。


弁護人は、起訴される前の刑事事件の弁護活動としては、被疑者を不起訴とすることや公判請求しないことを求める弁護活動をします。


さらに、被疑者が逮捕・勾留により身柄を拘束されている場合には、早期に釈放されるように求める弁護活動をします。


逮捕・勾留された被疑者・被告人には、憲法上、弁護人を依頼する権利が認められています。


相談できる弁護士がいれば、警察の職員に頼んで、その弁護士に連絡してもらうとよいでしょう。


弁護士はいつでも接見できますので、弁護士に依頼すれば、接見で様々なアドバイスを受けたり、上記のような弁護活動をしてもらえたりします。

 

刑事裁判での弁護活動としては、弁護人は、裁判全般を通じて、被告人の利益のために弁護活動を行います。


具体的には、刑罰が不当に重くならないようにしたり、無罪判決・執行猶予付き判決を求めたりするなどの弁護活動を行います。


また、起訴後には、被告人の身柄の開放のために保釈の請求もできます。


一般の方が刑事事件の当事者やその家族になる機会は稀なことです。


いざそうした立場になった際のご負担は相当なものであるかと思います。


令和法律事務所では、刑事事件に関するトラブルについて、弁護士無料相談を積極的にお受けしております。


江戸川区や葛飾区などにお住まいの方は、ぜひ、お気軽に令和法律事務所の弁護士にご相談ください。


まずは、弁護士無料相談のご予約をお願いします。



裁判を受ける人

Comments


bottom of page