top of page

刑事裁判の流れ|刑事弁護

 弁護人は、刑事裁判において、被告人の利益を守るために、無罪判決・執行猶予付き判決を求めたり、刑罰が不当に重くならないよう主張立証を行ったりするなどの弁護活動を行います。起訴後勾留されている被告人の身柄の開放のため、保釈の請求をすることもできます。


 刑事裁判の審理の流れは、基本的には①冒頭手続→②証拠調べ→③弁論→④判決となります。


〇冒頭手続

・裁判官による人定質問

冒頭手続では、まず、被告人が人違いでないことを確認するために、裁判官が、名前や生年月日や本籍や住所や職業などを聞きます。

・検察官による起訴状朗読

・裁判官による黙秘権告知

裁判官は、被告人に対し、終始黙っていてもいいし、答えたくない質問には答えなくていいことなどを告げます。

・被告人弁護人による罪状認否

被告人および弁護人に対して事件について陳述する機会が与えられます。


〇検察官の立証活動

・検察官の冒頭陳述

まず、証拠調べのはじめに、検察官が証拠により証明すべき事実を明らかにします。刑事裁判では、無罪推定の原則から、被告人が犯罪を犯したことについて、検察官が証明する必要があります。

・検察官の証拠調べ請求

どの証拠を取り調べるかの判断は、基本的には当事者に委ねられているため、当事者が証拠調べの請求をし、それに対して裁判所が証拠の採否の決定をします。

・弁護人による証拠についての意見

・証拠調べ

証拠書類や証拠物の取調べ、証人尋問などが行われます。


〇弁護人の立証活動

・弁護人による証拠調べ請求

・検察官による証拠についての意見

・証拠調べ

証拠調べ手続の最後に、被告人質問が行われるのが一般的です。


〇弁論

・検察官による論告求刑

論告とは、検察官による事実および法律の適用についての意見の陳述です。最後に「被告人を懲役〇年に処するのが相当です。」などと刑の量定について意見をいいます。

・弁護人による弁論

被告人および弁護人も意見を陳述することができ、最終陳述とか、最終弁論ともいいます。

・被告人の意見


〇判決

 判決は、公判廷において宣告により告知されます。犯罪の証明がないときは、無罪の判決をしなければなりません。有罪判決を言い渡す場合には、罪となるべき事実、証拠の標目および法令の適用を示さなければなりません。

 刑罰の重さは、法定刑を基礎として犯行の事情(動機、犯行態様、結果の重大性など)や情状(被害弁償、反省の程度、再犯の可能性、前科の有無など)などが考慮されて決まります。

 

最新記事

すべて表示

労働審判

労働者と使用者の間で生じる紛争の解決手段としては、交渉、あっせん、調停、労働審判、訴訟などがあります。このうち裁判所を利用するのは調停、労働審判、訴訟ですが、本記事では労働審判の手続について説明します。 労働審判手続は、解雇事件や未払賃金請求事件で多く利用されます。争点が多く複雑な事件の解決には適さず、そのような場合には最初から訴えを提起します。 裁判官である労働審判官1名と労使の専門家である労働

内容証明|債権回収

普通郵便だと確実に相手方に送付していたとしても、相手方から受け取っていないとか郵便の内容が違うと言われてしまえばそれまでになってしまいます。 内容証明は、いつどのような内容で送付したのか証明することができる郵便ですので、郵便で送付したこととその内容を証拠化しておきたい場合に有効です。 配達証明というオプションを付ければ相手方が郵便を受け取った日付も証明できます。 電子内容証明というサービスもありま

訴状の作成|江戸川区葛飾区の弁護士

訴えを提起するには裁判所に訴状を提出しなければなりません。 訴状の記載事項はおおよそ次のとおりです。 ・表題は「訴状」とします。 ・裁判所に提出する年月日を記載します。 ・訴状を提出する裁判所をかきます。「東京地方裁判所 御中」などと書きます。訴訟物価額が140万円以下のものは簡易裁判所に提出します(「東京簡易裁判所 御中」などとします)。 ・作成者である当事者または代理人の氏名や資格を記載し、押

Comments


bottom of page