top of page

自己破産の費用|債務整理|江戸川区葛飾区の弁護士

令和法律事務所では、江戸川区や葛飾区などにお住まいの方から、自己破産などの債務整理に関するトラブルについて、弁護士無料相談を積極的にお受けしております。


任意整理、自己破産、個人再生、相続放棄など、債務整理に関するトラブルでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。


土日祝日も営業しており夜間も相談可能ですので、まずは弁護士無料相談のご予約をお願いします。


借金の返済や自己破産などの債務整理のことでお悩みの方の中には、弁護士費用や裁判所費用などについてお気にされている方もおられるかと思います。


令和法律事務所の弁護士が自己破産申立事件を受任する場合には、弁護士費用の分割払いや法テラスの利用にも積極的に対応しております。


詳細については、弁護士無料相談の際に、何でもお気軽にご相談ください。


本記事では、当事務所の弁護士を申立代理人とする個人の方が、東京地方裁判所に対して自己破産の申立てをする場合の費用についてご説明します。


裁判所に支払う費用については、裁判所ごとに異なることにご注意ください。


本記事の裁判所に支払う費用は、東京地方裁判所のものです。


東京地方裁判所以外の裁判所に支払う費用については、当該裁判所かご依頼される弁護士にお問合せください。


自己破産の申立てをする場合の費用は、大きく分けて①弁護士に支払う費用と②裁判所に支払う費用があります。


①弁護士に支払う費用

・着手金20万円~(税別)


・報酬金20万円~(税別)


・実費(交通費、切手代、コピー代など)事案によりますが数千円から1万円程度が通常です。


着手金は委任契約締結時に、報酬金は事件終了時に頂きます。


実費は委任契約締結時に概算額をお預かりし、事件終了後に清算します。


着手金・報酬金の分割払いや法テラスの利用については、弁護士無料相談の際にお気軽にご相談ください。


②裁判所に支払う費用(令和6年5月現在)

・申立手数料 1500円


・予納郵券  4400円


・予納金

(1)同時廃止の場合 1万2千円程度のみ

(2)管財事件の場合 最低20万円および1万9千円程度


裁判所に支払う費用のうち管財事件の予納金の最低20万円については、4回までの分割払いも可能とされています。


令和法律事務所では、自己破産申立事件を積極的に受任しており、弁護士費用の分割払いや法テラスの利用にも対応しております。


借金の返済や債権者の督促でお悩みの方、自己破産などの債務整理をご検討されている方などは、ぜひお気軽にご相談ください。


まずは、当事務所の弁護士無料相談のご予約をお願いします。



お金とペン

Comentários


bottom of page