top of page

遺言書の検認|江戸川区葛飾区の弁護士|小岩駅徒歩1分

令和法律事務所では、江戸川区や葛飾区などにお住まいの方から、相続に関するトラブルについて、弁護士無料相談を積極的にお受けしております。


遺言、遺産分割、相続放棄、遺留分請求など、相続に関するトラブルでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。


本記事では、令和法律事務所の弁護士が、遺言書の検認についてご説明します。


遺言書の保管者または遺言書を発見した相続人は、相続の開始を知った後、遅滞なく、遺言書を家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければなりません。


公正証書遺言および遺言書保管制度を利用して法務局に保管した遺言書については、検認の必要はないとされています。


封印のある遺言書は、家庭裁判所において、相続人またはその代理人の立会いがなければ、開封することができません。


遺言書の検認の申立ての申立人は、遺言書の保管者または遺言書を発見した相続人です。


遺言書の検認の申立ての管轄は、相続を開始した地を管轄する家庭裁判所です。


遺言書の検認は、遺言書の有効・無効や内容の真否について確定するものではありません。


遺言書の検認は、相続人に遺言書の存在と内容を知らせ、遺言書の形状、日付、内容など遺言書の現況を明確にするものです。


相続人などの立会いの下、遺言書の偽造・変造を防止する一種の証拠保全手続であるとされています。


遺言書を提出することを怠り、その検認を経ないで遺言を執行し、または家庭裁判所外においてその開封をした者には、罰則があります。


その場合、五万円以下の過料に処せられる可能性があります。


検認の申立てを受けた家庭裁判所は、各相続人に対して検認期日を知らせる通知を送付します。


検認期日では、相続人などの立会いの下、申立人が持参した遺言書を、開封の必要があれば開封して検認します。


また、検認期日では、遺言書の保管者や発見者から事情を聴取したり、出席した相続人から意見を聴取する場合もあります。


裁判所書記官は、遺言書の検認について、検認調書を作成しなければならないとされています。


検認調書には、事件の表示、申立人の氏名・住所、立ち会った相続人その他の利害関係人の氏名・住所、検認の年月日、事実の調査の結果などが記載されます。


検認調書が作成されるので、検認期日に出席しなかった相続人も、後日、家庭裁判所から検認調書を取り寄せることができます。


検認調書を確認すれば、検認期日や遺言書の内容などについて知ることができます。


令和法律事務所では、遺言書、遺産分割、特別受益、遺留分請求など相続トラブルに関することについて、弁護士無料相談を行っております。


相続トラブルに関することについては、ぜひ当事務所の弁護士にお気軽にご相談ください。



法律書

Comments


bottom of page